2023年2月末にスイスで開かれる新作スーパーコピー 時計見本市、ウォッチズ&ワンダーズを前に我らが国産ブランドの動きも活発化。魅力的な新作が続々と誕生している。

グランドセイコーの新作

グランドセイコー 9Sメカニカルコピー メカニカルハイビート36000 SBGH273

日本特有の季節の移ろいをダイヤルで表現したモデル
1967年に発売されたグランドセイコー史上初の自動巻機械式モデル「62GS」を現代的にアレンジした「62GS現代デザインモデル」をベースとし、日本特有の季節の移ろいをダイヤルで表現したモデルです。
二十四節気の一つ「秋分」のころの澄んだ夜空の美しい情景を切り取ったかのようなダイヤルが特徴です。深い藍色のダイヤルの中で際立つ金色のGSロゴと秒針によって、夜空と月のコントラストが美しい月夜のようなモデルになっています。
ムーブメントは、「グランドセイコースタジオ 雫石」で熟練の匠の技によって組み立てられた10振動のメカニカル・キャリバー9S85を搭載しています。

完売した初代ダイバー復刻の第二弾

グランドセイコーの70周年、2023年に誕生した「グランドセイコースタジオ 雫石」は、1964年のオリエントのファーストダイバー「グランドセイコースタジオ 雫石」を現代風にアレンジしたもの。ハイスペックな内容とレトロな外観で世界的な人気となり、すでに完売しているが、その第二弾としてシルバーダイヤル(第一弾はブラックダイヤル)が登場した。

実は、原型となった初代にも、ブラックとシルバー2種類のダイヤルが存在しており、今回は現存数も極めて少ないレアなシルバーカラーを再現したものだ。オリジナルモデル同様のステンレススティール無垢の回転ベゼルとの相性も抜群だが、注目して欲しいのは、そのダイヤルのインデックスだ。かなり立体的なため別体バーツを植字したように見えるが、実はダイヤル裏からプレスで盛り上げた完全なる一体成形。つまり衝撃が加わっても、インデックスがポロッと取れてしまうことは、絶対にないのである。

衝撃に強いことは、ダイバーズウォッチには必須。またダイバーズウォッチとしては珍しく、12時位置には50時間のパワーリザーブ表示が搭載されているが、残りの駆動時間を把握することもダイバーにとっては極めて重要。このように本格的な200m防水のダイバーズウォッチではあるが、シルバー一色というソリッドで都会的な印象に加え、ケース径40㎜という程よいサイズ感で、ビジネスシーンにおいても活躍が期待できる1本だ。

ブランド愛好者のための2024年のおすすめ

カテゴリー

最近のコメント

最近の投稿

2023年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

タグ